スカパー!サヨナラ賞 16年8月 巨人・脇谷 西武・森

[ 2018年5月1日 06:06 ]

スカパー!サヨナラ賞 16年8月 巨人・脇谷
Photo By スポニチ

 【16年8月スカパー!サヨナラ賞】巨人・脇谷亮太内野手と西武・森友哉捕手が受賞した。

 意地の一発だった。脇谷は8月23日広島戦(東京ドーム)で自身初となるサヨナラ弾。0対0で迎えた延長10回、先頭でジャクソンの直球を引っ張り右翼席へと突き刺した。引き分けでも広島にマジックが付く直接対決の初戦をものにし「最高に気持ちいい。びっくりした。奇跡」と声を震わせた。

 巨人復帰後初アーチでもあった。14年に巨人にFA移籍した片岡の人的補償で西武へ移籍。当時現役だった高橋監督から「おまえなら大丈夫」と言われ15年にはレギュラーも獲得。9月に右足首を骨折も、オフにFAで古巣復帰を決断した。出遅れたシーズンに「結果が出なくて苦しかった」と悔しさをぶつけた打席になった。

 森は8月31日ソフトバンク戦(西武プリンスドーム)の6対7で迎えた9回2死一、二塁にサファテの4球目直球を左中間へ運ぶ2点適時二塁打。自身初のサヨナラ安打でナインから水をかけられ「一度浴びてみたかったので、うれしかった」と余韻に浸った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月1日のニュース