スカパー!サヨナラ賞 16年5月 ロッテ・井口 巨人・坂本

[ 2018年5月1日 06:03 ]

スカパー!サヨナラ賞 16年5月 千葉ロッテ・井口
Photo By スポニチ

 【16年5月スカパー!サヨナラ賞】ロッテ・井口資仁内野手(現ロッテ監督)、巨人・坂本勇人内野手が受賞した。

 井口は5月14日の楽天戦(QVCマリン)、12対12で迎えた延長10回2死二、三塁にサヨナラ打。楽天の守護神・松井裕の5球目直球を左前へと運んで見せた。4時間57分、両チーム計34安打の乱打戦にケリをつけ「一番いい球を狙っていた。早く終わりたかった」と笑顔を見せた。

 サヨナラ安打は自身10年6月13日阪神戦以来、11本目。41歳5カ月での達成で、ロッテの球団最年長サヨナラ打の記録を61年ぶりに更新した。プロ初の先発出場を果たしたドラフト1位ルーキー・平沢に代わって5回に代打で登場しての大仕事。貫録を見せつけた。

 坂本は5月13日ヤクルト戦(東京ドーム)、1対2で迎えた延長12回2死一、二塁でオンドルセクのフォークを左翼線へ。自身9本目のサヨナラ安打となる2点適時二塁打に「サヨナラ勝ちはチームも勢いにのる。僕が決めることができて、一番うれしい瞬間」と喜びをあらわにした。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年5月1日のニュース