スカパー!サヨナラ賞 17年8月 DeNA・宮崎 西武・栗山

[ 2018年5月1日 06:13 ]

スカパー!サヨナラ賞 17年8月 横浜DeNA・宮崎
Photo By スポニチ

 【17年8月スカパー!サヨナラ賞】DeNA・宮崎敏郎内野手と西武・栗山巧外野手が獲得した。

 横浜が史上最高にド派手な逆転劇を演じて見せた。8月22日広島戦(横浜)の9回だ。無死一塁から筒香が右翼席へ特大2ラン。完投目前の野村を引きずり降ろすと、続くロペスが今村から左翼へソロを放ち5対5の同点に。サヨナラムードが漂う中、宮崎が今村の2球目フォークを振り抜くと、打球は左翼席へ吸い込まれた。プロ野球史上初となる3者連続本塁打によるサヨナラ勝ち。宮崎は「みんながつないでくれたので、僕も思い切りいけた」と相乗効果を口にした。チームはこの年レギュラーシーズン3位となり、CSでは広島を下し日本シリーズへ進出。「あの試合でチームに勢いがつき、日本シリーズまで行けたのでは」と振り返った。

 栗山は8月17日楽天戦(メットライフドーム)、9回2死一、二塁に代打で登場。ハーマンの直球を左翼席に運ぶ3ラン。自身今季2本目、代打としては初のサヨナラ弾にも「どうやって、かっこつけようかなと。ヒーローはたまたま。雄星の姿があったからこそ」と好投のエースを称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年5月1日のニュース