スカパー!サヨナラ賞 12年3・4月 DeNA・中村 日本ハム・田中

[ 2018年5月1日 05:34 ]

スカパー!サヨナラ賞 12年3・4月 横浜DeNA・中村
Photo By スポニチ

 【12年3・4月スカパー!サヨナラ賞】12年から制定された「スカパー!月間サヨナラ賞」。初年度の3・4月はセ・リーグがDeNA・中村紀洋内野手(現アマチュア野球指導者)、パ・リーグは日本ハム・田中賢介内野手が受賞した。

 中村は4月15日のDeNA―巨人(新潟)、同点の延長11回1死三塁から左中間にサヨナラ2ラン。ドラマチックかつ劇的な勝ちっぷりで、中畑監督の古巣、巨人相手に初勝利を挙げた。

 近鉄時代から通算380本目のアーチは、ドジャースを含め6球団を渡り歩いた流浪のスラッガー・中村にとっても特別なもの。内角に食い込むシュートをさばいての一発に「吹っ切れて自信になった」と笑った。

 一方の田中は3月31日、札幌ドームでの西武との開幕第2戦で7回に右越えソロを放つと9回、サヨナラ右越え打。5打数3安打の活躍で、チームを日本一に輝いた06年以来6年ぶりとなる開幕2連勝へと導いた。「みんながつくってくれたチャンス。あそこで打てなければキャプテンマークを外すぐらいのつもりだった。ガッツポーズは早かったですかね?」とお立ち台でファンの笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース