巨人・小林4打点 先制打&ダメ押し打「何とか1点を」

[ 2018年5月1日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人11―1ヤクルト ( 2018年4月30日    東京D )

適時二塁打を打った小林は小さくガッツポーズ
Photo By スポニチ

 巨人・小林が先制打を含む2安打4打点。リードとバットで野上を助けた。2回1死二、三塁。「何とか1点取りたい」と低め直球を叩くと、大きく跳ねた打球が三塁手の頭を越え2者が還った。

 5回は2点追加後の無死満塁で左中間に2点二塁打を放ち、試合を決定づけた。打率.357はリーグ3位。「良くなるためには練習しかない」と緩みはなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月1日のニュース