2打席連続死球の会沢が山口俊に“怒りの一撃”第3打席でタイムリー二塁打

[ 2018年5月1日 20:25 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2018年5月1日    マツダ )

<広・巨>3回会沢はこの日二度目の死球を受ける
Photo By スポニチ

 広島の会沢翼捕手(30)が4―3で迎えた5回、1死一塁から左翼線へタイムリー二塁打を放ち、2打席連続死球で一触即発となった巨人先発・山口俊に怒りの一撃を見舞った。

 会沢は2回と3回の第1、2打席で山口俊から2打席連続死球を食らい、激高。会沢がマウンドに詰め寄って両軍選手がベンチを飛び出す騒ぎがあり、これをきっかけに両チームに警告が宣告された。

 そして迎えた5回、1死一塁の場面で会沢に第3打席が回ってきた。これまでの流れから巨人バッテリーは外角一辺倒。そして、1ボール2ストライクから真ん中に入ってきた4球目フォークを左翼線へ運んだ。広島はさらに菊池のタイムリーでもう1点加え、ついに山口俊をKO。6―3とリードを3点に広げて5回を終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース