ソフトB内川 本音ポロリ「純粋に打席に立てるよう、早く2000本安打を」

[ 2018年5月1日 21:47 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―1ロッテ ( 2018年5月1日    ZOZOマリン )

ヒーローインタビュー後、応援団の声援に応える内川
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの内川は、この日本塁打を含む2安打を放ち、2000本安打まで、あと4本とした。先発の千賀が抹消明けの登板とあって、「早い回に、楽に投げさせてあげたい(という)思いは当然あった」と語った。1打席となる2回からヒットが飛び出し「開幕してから、チームメイトはじめ謝ってばかりだったんで。5月はなんとかしたかった」とホッと胸をなで下ろした。

 4回の2打席目のホームランは「どうにかしたいと思い、必死にバットを振った」という。状態が上がってきたかの問いかけには、「上がってきたというよりも、上げないとチームに申し訳ないし、ファンの皆さんにも残念な思いさせてるんで」と、自らに発破をかけた。

 節目の2000本安打まで、あと4本。自分の中では意識しないつもりだったが、周りの反応を見て「2000本安打ってスゴいことなんだ」と意識せざるを得ない状況になったという。

 最後は「(記録にとらわれず)日本一に向かって純粋に打席に立てるよう、早く2000本安打を達成したい」と、本音を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース