村田修一 松坂12年ぶり白星を祝福「大輔がやってくれれば最後まで松坂世代で終われる」

[ 2018年5月1日 08:30 ]

セ・リーグ   中日3―1DeNA ( 2018年4月30日    ナゴヤD )

高校時代、甲子園で松坂(左)と対戦した村田
Photo By スポニチ

 松坂の復活勝利に、同い年で現在はルートインBCリーグの栃木に所属する村田修一内野手(37)が祝福のメッセージを寄せた。

 大輔、初勝利おめでとうございます。互いに昨年限りで前所属球団を退団。中日への入団が決まったと聞いた時は本当に良かったなと思ったし、こうしてまた1軍のマウンドで投げる姿を見たいと思っていました。自分は今、独立リーグでNPB(日本プロ野球)を目指し若手に交じって野球をしています。投げている姿を見て当然刺激になりますし、また同じところで野球ができるように頑張らないとと強く思います。

 東福岡3年時の春の甲子園で対戦して、大輔に打たれて、抑えられて、投手では勝てないなと打者に転向しました。今の自分があるのは大輔のおかげだし、常に追いかけて野球をしてきた。大輔がやってくれれば、最後まで松坂世代という名前で終われると思う。現役で続けられる同世代も減ってきました。最後に直接話したのは15年3月のオープン戦になるのかな。それでもメディアを通じて、行動を追い、刺激を受けてきました。この好投を続けてほしいし、自分もますます負けていられないという気持ちが強くなりました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース