ロッテ菅野 久々スタメンで先制打「普段以上に振った」

[ 2018年5月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―2日本ハム ( 2018年4月30日    ZOZOマリン )

2回2死満塁、菅野は左前適時安打を打つ
Photo By スポニチ

 ロッテは6試合ぶりに「9番・左翼」でスタメン出場したドラフト4位・菅野が、2回2死満塁で左前へ先制の2点適時打。不振で試合前の打率は・180まで下降していたが「久しぶりのスタメン。普段以上に振った」と初球を捉えた。

 4回無死一、二塁では追い込まれながら犠打を決めて追加点を演出。勝率5割復帰へ導いた。月1度の「マリンフェスタ」開催日。斬新なカモメ柄の青色のユニホームで躍動した新人に、井口監督も「いい感覚が出てきた」と復調気配を感じたようだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース