西武・榎田 本拠初登板で2勝目「粘り強く投げられた」

[ 2018年5月1日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―2楽天 ( 2018年4月30日    メットライフD )

7回途中2失点の好投で2勝目を挙げた榎田
Photo By スポニチ

 阪神からトレードで加入した西武・榎田が本拠地初登板。6回2/3を3安打2失点で2勝目を挙げた。2回にウィーラーに逆転2ランを浴びたが「そこから粘り強く投げられた」。初のお立ち台で「最高です!」を連発した。

 スライダーがさえて無四球で6奪三振。次回は中5日で6日の楽天戦の予定で「阪神ではあまりチャンスがなかった。移籍してやりがいがある」。辻監督も「全然、谷間じゃない。ローテーションの一角」と好投を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース