広島、逆転負けで連勝ストップ 7四球の薮田は2軍降格

[ 2018年5月1日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2―4阪神 ( 2018年4月30日    マツダ )

5回2死一、二塁、勝利投手の権利まであと1死の場面で降板となる薮田(中央)
Photo By スポニチ

 広島は2点のリードを守り切れず連勝が5で止まった。緒方監督は「最後に相手に上回られた。また明日からしっかりと戦うだけ」と厳しい表情で話した。

 2―2の9回に2死満塁をつくったが、野間が三邪飛に倒れ、直後の延長10回に勝ち越された。ロサリオに決勝2ランを浴びた一岡は「向かっていった結果なので後悔はしていない」と前を向いた。なお5回途中で7四球と制球難を露呈した薮田は2軍降格となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース