マエケン6回4失点で2敗目「いいところ一つもなかった」

[ 2018年5月1日 05:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース2―4ジャイアンツ ( 2018年4月29日    サンフランシスコ )

2敗目を喫したドジャース・前田(AP)
Photo By AP

 ドジャース・前田が6回を5安打4失点で2敗目を喫した。球威、制球ともに本調子でなく「いいところは一つもなかったような感覚」。失点はいずれも2死無走者からで、初回は二塁打と四球の後、5番ロンゴリアに甘いスライダーを左翼席に運ばれ「特に1回の3ランはもったいなかった」と悔やんだ。

 中盤も毎回走者を背負い「去年までだったら3回くらいで代わってしまう状態」だったが、ストライクゾーンでの勝負を徹底。前日ダブルヘッダーを戦った救援陣の負担を和らげた96球を「6回まで投げ切れたというのは少し収穫」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース