スカパー!サヨナラ賞 12年8月 巨人・阿部 ソフトバンク・柳田

[ 2018年5月1日 05:38 ]

スカパー!サヨナラ賞 12年8月 巨人・阿部
Photo By スポニチ

 【12年8月スカパー!サヨナラ賞】巨人・阿部慎之助捕手とソフトバンク・柳田悠岐外野手が受賞した。

 8月19日の巨人―広島戦(東京ドーム)、阿部は自身5年ぶり6本目となるサヨナラ本塁打を放った。両足首に不安を抱え、慣れない一塁守備ではいずれも失点につながる2つのミスを犯したが、名誉挽回の一振りとなった。

 弱音なんて吐かない。これが阿部の出した答えだった。3―3で迎えた9回先頭。守護神ミコライオの真ん中高め148キロを振り抜く。右中間席へ一直線に歓喜の放物線が突き刺さった。サヨナラの16号ソロ。ナインに水を掛けられ、びしょ濡れになった背番号10は原監督の胸に飛び込み「最高です。僕が足を引っ張ってしまい、何とかしようと思っていた」と振り返った。

 また、8月16のソフトバンク―ロッテ戦(ヤフードーム)は柳田の一振りが試合を決めた。

 2―2で迎えた延長10回無死。内角寄りの高め143キロを叩いた打球は右翼席へ吸い込まれた。2試合連続の3号ソロは、プロ入り初、人生初のサヨナラ弾だった。

 「打った瞬間、来たと思った。サヨナラホームランを打てるなんて本当、野球をやってきてよかった」。お立ち台でそう叫んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース