スカパー!サヨナラ賞 14年3・4月 広島・エルドレッド 楽天・ジョーンズ

[ 2018年5月1日 05:48 ]

スカパー!サヨナラ賞 14年3・4月 広島・エルドレッド
Photo By スポニチ

 【14年3・4月スカパー!サヨナラ賞】広島のブラッド・エルドレッド内野手、楽天のアンドリュー・ジョーンズ外野手が選出された。

 4月27日の広島―巨人(マツダ)で、エルドレッドが延長11回に来日初のサヨナラ本塁打。

 来日3年目で初のサヨナラ本塁打に「完璧に捉えられた。打者としてこれ以上の喜びはない」と満面に笑みを浮かべた。

 2試合連発の8号。4月の月間16勝は球団初となり、野村監督も「チームを成長させる1勝だと思う。守りも含めて、全ての面で良かった」と興奮を隠せなかった。

 4月22日の楽天―西武(コボスタ宮城)で、ジョーンズは8回同点、延長12回には来日初のサヨナラ本塁打を放った。

 真価を発揮した。1―1の延長12回2死無走者、2ボールから高めのカーブを強振。打球は中堅フェンスを越えた。あと1死で引き分けに終わるところから来日初のサヨナラ弾だ。本塁付近で待っていたのは冷水による歓喜のシャワーだ。「カーブを狙っていた。投手陣が踏ん張っていたので何とか打ちたかった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース