×

松坂大輔 家族に決断を伝えた時「妻に電話して、息子がいて…」 声詰まらせる

[ 2021年10月19日 14:00 ]

ユニホーム姿で臨んだ引退会見で目を押さえる松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役引退する西武の松坂大輔投手(41)が19日の日本ハム戦(メットライフドーム)を前に引退会見を行った。背番号18のユニホーム姿で会見に臨み、家族への思いを語り、言葉に詰まる場面があった。

 引退の相談は「家族に話した。やめると決断して妻に電話。息子がいて…」と下を向いて、鼻をすすって言葉を詰まらせた。

 「長い間お疲れ様でしたと言ってもらいましたし、僕の方からも長い間、ありがとうということは伝えさせてもらいました」とやりとりを明かした。

 また、家族に向けて「一言で感謝といえば簡単ですけど、簡単なものではなかった。いい思いもさせてあげられたかもしれないけど。家族は家族なりに我慢というかストレスもあったと思いますし、本当に長い間我慢してもらったと思います」と長年の感謝を述べた。

 ◇松坂 大輔(まつざか・だいすけ) 1980年(昭55)9月13日生まれ、東京都出身の41歳。横浜では3年時に甲子園春夏連覇。98年ドラフト1位で西武入団。1年目に16勝で新人王、最多勝に輝いた。07年にレッドソックスに移籍し、同年にワールドシリーズ制覇。インディアンス、メッツを経て、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18年に中日に移籍し、20年に西武に復帰した。日米通算170勝108敗2セーブ。1メートル82、92キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース