×

逆転Vを諦めないオリの集中打 5回に紅林が、若月が適時打 宗も25打席ぶり安打のタイムリーで一挙4点

[ 2021年10月19日 20:06 ]

パ・リーグ   オリックスー楽天 ( 2021年10月19日    京セラD )

<オ・楽(23)>適時打を放ったオリックス・宗
Photo By スポニチ

 オリックスが5回に集中打を放って4点を奪い、逆転に成功した。

 1―2の5回2死から安達が四球を選び二盗に成功すると、紅林が左中間を破る適時二塁打で同点。「なんとか同点に追いつく一打になってくれて良かったです」と両手を突き上げた。

 さらに、若月も中前適時打で続き、勝ち越しに成功。続く福田が四球で歩き2死一、二塁から、宗が低めチェンジアップを最後は右手一本で右中間へ運ぶ2点三塁打。25打席ぶりの安打がリードを広げる一打となる、三塁ベース上で喜びを爆発させた。

 この回、2死走者なしから4得点。適時打はすべて追い込まれてから生まれたヒットだ。優勝争いに向けてロッテに首位を譲り、チームも追い込まれている中、諦めない姿勢をプレーで体現した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース