×

松坂大輔 「アンチのファンも含めて感謝」 叩かれた選手生活後半「最後は耐えられなかった」

[ 2021年10月19日 14:01 ]

ユニホーム姿で会見し、笑顔の松坂
Photo By スポニチ

 今季限りで現役引退する西武の松坂大輔投手(41)が19日の日本ハム戦(メットライフドーム)を前に引退会見を行った。背番号18のユニホーム姿で会見に臨み、感謝と葛藤を口にした。

 これまで支えてくれた家族への感謝を述べ「妻も、子どもも、両親もそう。野球人生に関わって頂いた、アンチの?ファンも含めて感謝しています」と述べた。

 自分を褒めるとすれば、という質問に「選手生活の後半は叩かれることの方が多かったですけど、それも諦めずに。もっと早く辞めてもいいタイミングはあったと思いますし、思ったようなパフォーマンスが出せない時期が長く苦しかったですけど、その分たくさんの方に迷惑かけましたけど、よく諦めずにここまでやってきたと思います」とした。

 一方で「これまでは叩かれたり、批判されることに対して力にして跳ね返そうとやってきたけど、最後は耐えられなかった。心が折れたというか、受け止めて跳ね返す力はもうなかったですね」と精神的なダメージが大きかったことを明かした。

 ◇松坂 大輔(まつざか・だいすけ) 1980年(昭55)9月13日生まれ、東京都出身の41歳。横浜では3年時に甲子園春夏連覇。98年ドラフト1位で西武入団。1年目に16勝で新人王、最多勝に輝いた。07年にレッドソックスに移籍し、同年にワールドシリーズ制覇。インディアンス、メッツを経て、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18年に中日に移籍し、20年に西武に復帰した。日米通算170勝108敗2セーブ。1メートル82、92キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース