×

10連敗中の巨人に遠い白星 20度目△で13戦勝ちなし 今月唯一勝った最下位DeNAにも勝てず

[ 2021年10月19日 21:06 ]

セ・リーグ   巨人4―4DeNA ( 2021年10月19日    横浜 )

<D・巨>引き分けに終わり、引き上げる原監督 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 球団史上4度目の10連敗中と苦しむ巨人は今月唯一勝ち星を挙げている最下位・DeNAにも4―4と勝てず、球団新記録を更新する今季20度目の引き分け。2日のDeNA戦(東京D)で勝ったのを最後に13戦勝ちなしとなった。今季残り試合は3。

 巨人は2回、広岡がスタメン抜てきに応える4号2ランを右翼スタンドへ放って先制。だが、先発左腕・メルセデスがその裏に3連打されて1点失うと、ウィーラーの適時打で3―1として迎えた4回には二塁打3本を浴びて3―3と追いつかれ、4回7安打3失点で降板となった。

 5回には2番手として右腕の畠が登板したが、先頭・桑原の右前打から1死二塁とピンチを招き、佐野に右翼線へ適時打を打たれてDeNAが勝ち越し。8回にはウィーラーの中犠飛で4―4と追いつき、その裏の2死満塁をデラロサが無失点で切り抜けたが、9回は大城、代打・吉川、代打・中島が3者凡退。あと1点が遠かった。

 【巨人の10月戦績】
▽10月 1日 ○3―2DeNA   12安打4三振
▽10月 2日 ○5―4DeNA   6安打7三振
▽10月 3日 △3―3DeNA   5安打15三振
▽10月 5日 ●2―3ヤクルト 8安打10三振
▽10月 6日 ●0―3ヤクルト 5安打12三振
▽10月 7日 ●0―1ヤクルト 4安打11三振
▽10月 8日 ●2―6広  島 8安打9三振
▽10月 9日 ●1―7広  島 6安打10三振
▽10月10日 ●1―3広  島 8安打10三振
▽10月12日 ●1―2阪  神 7安打5三振
▽10月13日 △2―2阪  神 5安打7三振
▽10月14日 ●0―3阪  神 1安打14三振
▽10月15日 ●7―8ヤクルト 11安打5三振
▽10月16日 ●7―8広  島 11安打8三振
▽10月19日 △4―4DeNA   7安打6三振

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース