×

「3番・近本」が大一番で存在感 初回に奥川から先制3ラン 3年目で初めての2桁本塁打

[ 2021年10月19日 18:31 ]

セ・リーグ   阪神ーヤクルト ( 2021年10月19日    甲子園 )

<神・ヤ(24)> 1回無死一、二塁、阪神・近本は右越えに先制3ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・近本が大事な一戦で先制の3ランを放った。

 初回無死一、二塁から奥川の高め直球を完璧に捉え、右翼席に突き刺した。8月26日のDeNA戦以来、42試合ぶりの一撃で自身3年目で初の2桁本塁打に到達した。

 「2年続けて9本塁打だったので2桁本塁打に乗せることができてよかったです」。この日は3番での先発で、“中軸”にふさわしい役割を果たした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース