×

【プロ野球10・19の舞台裏】猛抗議9分ロッテ有藤監督の証言“仰木さんのあの一言がなかったら…”

[ 2021年10月19日 08:02 ]

10・19決戦のダブルヘッダー第2試合の9回裏無死一、二塁、ロッテの二塁走者・古川慎一(右から2人目)のけん制アウトの判定をめぐって審判に抗議する有藤通世(当時は有藤道世)監督(左から3人目)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退する西武の松坂大輔投手(41)がきょう「10・19」に引退会見を行い、同日の日本ハム戦(メットライフドーム)で現役最後のマウンドに立つ。

 「10・19」といえば「オリックス」「バファローズ」の歴史が変わった33年前の1988年10月19日。昭和最後のパ・リーグのペナントレース。マジック2とした近鉄「バファローズ」が、ロッテとダブルヘッダーを戦った「伝説の川崎劇場」。時間切れ引き分けで散った猛牛軍団の悲壮な戦いはプロ野球の歴史に深く刻まれている。ダブルヘッダー第1試合の途中、大阪市内では、老舗球団阪急ブレーブスが89年4月に「オリックス」に商号を変更することが決まっているオリエント・リースに身売りすることが電撃的に発表されたパ・リーグ激動の一日。今日、プロ野球の「10・19」に新たな歴史が刻まれる――。

 ≪近鉄の延長11回を“奪った”猛抗議9分の真相≫ 古川は完全にアウトでした。一塁側ベンチからよく見えてましたから。ただ「押された」と抗議してベンチに助けを求めているようだったから、監督としては行かなきゃいけない。抗議によって近鉄の攻撃が少なくなるなんて一切頭にはありませんでした。

 ただアウトはアウトだから、すぐ引き揚げるつもりだったんです。ところが、仰木さんが出てきて「もうええやろ。早う終われ」と言う。それで思い出したんです。2番の佐藤健一が初回、左肘にデッドボールを受けた時のことを。

 「大丈夫か?」と心配しているところへ仰木さんが出てきた。謝りに来たのかと思ったら健一に「おまえ、もう休めよ」と言ったんです。カチンと来た。健一は第1試合4打数4安打。当たっていたからといって「休めよ」はない。「あんた、何言ってるの」。球界の先輩に対して失礼な言葉を吐いたはずです。

 抗議の時に仰木さんがまた出てきたから、思い出して再び「この野郎!」。自分たちだけ野球をやっていると思ったら大間違いだ。「早う終わらせ」と言うなら粘ってやるとなったわけです。(有藤氏談)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース