×

近江 9回2死から劇的大逆転勝ち 多賀監督思わず涙「こんな試合をされたら…」

[ 2021年10月19日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会1回戦   近江11ー10社 ( 2021年10月18日    皇子山 )

<近江・社>9回2死満塁、逆転のホームを踏みガッツポーズする横田悟(左から2人目)ら近江ナイン
Photo By スポニチ

 両軍合わせて21安打21四死球の乱戦を近江が制した。8―10の9回2死満塁で2番遊撃の中瀬樹が2ストライクから粘り、5球目の低め直球を捉えて走者一掃の中越え決勝二塁打を放った。

 「自分の一打で逆転につながったことがうれしい。ベンチでも“攻めの気持ち”と声を出し続けていた」

 今夏甲子園で5試合に先発した来秋ドラフト候補の山田陽翔は4番右翼で先発。右肘の状態がまだ「3、4割」と登板が難しい中、遊撃で先発した横田悟が8回から公式戦初登板するなど全員でカバーした。多賀章仁監督は選手たちの頑張りに思わず涙し「こんな(劇的な)試合をされたら(涙も)しょうがない。よく中瀬があそこで打ってくれた」とたたえた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース