×

松坂大輔 12月4日のファン感謝イベントで引退セレモニー ファンへ直接思い伝える

[ 2021年10月19日 14:35 ]

パ・リーグ   西武─日本ハム ( 2021年10月19日    メットライフD )

引退会見を終え花束を手に一礼して引き揚げる松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は19日、ファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA2021」をメットライフドームで開催すると発表し、今季限りで現役引退する西武の松坂大輔投手(41)の引退セレモニーを行うと発表した。

 松坂は19日の日本ハム戦(メットライフドーム)を前に引退会見を行い、同戦に先発として、日本ハム・近藤と対戦する。この日は試合後にファンへ帽子を振るなどを予定しているが、マイクで思いを語るのは、12月4日となる。

 松坂も会見で「セレモニーは改めてファン感謝デーでやらせてもらうということなので、そこでファンに伝えられたらと思います。きょうはグラウンド1周してスタンドにあいさつはさせてもらいます」と話した。

 ◇松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年(昭55)9月13日生まれ、東京都出身の41歳。横浜では3年時に甲子園春夏連覇。98年ドラフト1位で西武入団。1年目に16勝で新人王、最多勝に輝いた。07年にレッドソックスに移籍し、同年にワールドシリーズ制覇。インディアンス、メッツを経て、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18年に中日に移籍し、20年に西武に復帰した。日米通算170勝108敗2セーブ。1メートル82、92キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース