×

さらば松坂大輔~写真で心に刻む「平成の怪物」プロ野球選手最後の一日~

[ 2021年10月19日 22:05 ]

パ・リーグ   西武2―6日本ハム ( 2021年10月19日    メットライフD )

最後にマウンドのプレートに手かざし何かを語りかけた松坂 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退する西武の松坂大輔投手(41)が19日、引退会見を行い、現役最後のマウンドに立った。時代の先頭を走り、幾多の名勝負を生み、日本だけでなくメジャーのファンの記憶と記録に残るレジェンド右腕。日米通算170勝を積み上げた「平成の怪物」のプロ野球選手最後の一日を写真で追う。

 ユニホーム姿で会見場に現れた松坂。会見場の前面には「23年間 夢と感動をありがとう」のメッセージが刻まれていた。松坂らしく明るい笑顔で質疑応答に応えていたが、プロ野球生活23年間の最後の日。怪物といわれた男の目から涙がこぼれる場面もあった。

 報道陣やスタッフには松坂からの感謝の品が配られた。試合前の練習ではナイン全員が松坂特製Tシャツを着た。

 現役最後のマウンド。最速は118キロ。1ストライクしか奪えず四球で終わった。それでも気持ちを込めた5球を投げ終えた松坂の表情は晴れやかだった。野手と握手を交わし、球場に駆け付けたファンに手を振り、日本ハムベンチに駆け寄り一礼。ファンも選手たちも皆、背番18を目に焼き付けた。

 引退試合を勝利で飾ることはできなかったが、試合後には西武ベンチを出て三塁側から最高の笑顔でグルリと一周。日本ハムの近藤ほか、万波ら横浜高の後輩とも握手。そんな松坂が最後に向かったのがマウンドだった。プレートの土を丁寧にはらい、右手を乗せて5秒、10秒、そして自らにお疲れ様というようにつぶやいた。その目には涙ののぞいた。そんな松坂がベンチに戻ろうとすると、最後に待っていたのが胴上げだった。日本ハムからも近藤、西武から移籍した木村らが松坂の引退特製Tシャツを来て松坂を囲み、西武ナインとともに、背番号18の体を5度、押し上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース