松坂大輔 批判浴び、叩かれた妻へ 「気持ちの強い人ではなかったので、迷惑掛けた…本当にありがとう」

[ 2021年10月19日 14:01 ]

引退会見で家族への思いも語った松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役引退する西武の松坂大輔投手(41)が19日の日本ハム戦(メットライフドーム)を前に引退会見を行った。背番号18のユニホーム姿で会見に臨み、家族へ引退を告げた瞬間やそれまでの思いを口にした。

 引退を決断し、子供に伝えた時の状況として「家族も体の状態を分かっていましたし、実際に辞めるよという前にもそろそろ辞めるかもねって話をしたときは喜んでいた。これから遊ぶ時間が増える。うれしいと言っていたけど、実際に辞めると報告したときはみんな泣いてたんで、やったー、お疲れ様と言われると思ったんだけど、僕には分からない感情を妻や子供たちは持っていたかもしれないですね」と思いやった。

 さらに、2004年に結婚した妻で元日本テレビアナウンサーの柴田倫世さんへ感謝を口にした。「改めて感謝の気持ちと同時に申し訳なかったなという気持ちがありましたね。あまり家族のこと言いたくないですし、言わないようにしてきたんですけど…」と前置きし、「妻と結婚してもらう時も批判の声だったり、叩かれることもたくさんあると思うけど、守っていくからと言って結婚してもらったんですけど、それができなくて本当に申し訳なかったなと思います。妻は関係ないところで叩かれることもあって大変だったと思う。気持ちの強い人ではなかったので、迷惑掛けたと思いますし。その中でここまでサポートしてくれて本当にありがとうございましたと、改めて言いたいですね」と明かした。

 ◇松坂 大輔(まつざか・だいすけ) 1980年(昭55)9月13日生まれ、東京都出身の41歳。横浜では3年時に甲子園春夏連覇。98年ドラフト1位で西武入団。1年目に16勝で新人王、最多勝に輝いた。07年にレッドソックスに移籍し、同年にワールドシリーズ制覇。インディアンス、メッツを経て、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18年に中日に移籍し、20年に西武に復帰した。日米通算170勝108敗2セーブ。1メートル82、92キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月19日のニュース