松坂大輔 引退会見で涙の理由 「ああ、もう…だから会見したくなかったんですよね…」

[ 2021年10月19日 15:18 ]

ユニホーム姿で引退会見した松坂は涙を抑える(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役引退する西武の松坂大輔投手(41)が19日の日本ハム戦(メットライフドーム)を前に引退会見を行った。背番号18のユニホーム姿で会見に臨み、話題が家族に及ぶと涙を流した。

 引退の決断を家族に相談したかという質問に対し、「もう難しいかもしれないと家族には話していました」と答えたところで、「うーん」としばらくの間沈黙。「ああ、もう…だから会見したくなかったんですよね…」とつぶやき、家族を思って目を潤ませた。

 さらに「ちょうど辞めると決断して妻に電話したんですけど。ちょうどそこに息子がいて…」と当時の様子が頭の中をかけめぐったようで、下を向き、あふれる涙をこらえきれず、声を震わせて目頭を押さえた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月19日のニュース