×

【プロ野球10・19の舞台裏】あのニュースステーションが始まっても異例の中継継続

[ 2021年10月19日 08:00 ]

1988年10月19日、ロッテ・近鉄ダブルヘッダー第2戦。延長10回、時間切れ引き分けに終わり、あと一歩及ばず優勝を逃しファンにあいさつをする近鉄バファローズナイン
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退する西武の松坂大輔投手(41)がきょう「10・19」に引退会見を行い、同日の日本ハム戦(メットライフドーム)で現役最後のマウンドに立つ。

 「10・19」といえば「オリックス」「バファローズ」の歴史が変わった33年前の1988年10月19日。昭和最後のパ・リーグのペナントレース。マジック2とした近鉄「バファローズ」が、ロッテとダブルヘッダーを戦った「伝説の川崎劇場」。時間切れ引き分けで散った猛牛軍団の悲壮な戦いはプロ野球の歴史に深く刻まれている。ダブルヘッダー第1試合の途中、大阪市内では、老舗球団阪急ブレーブスが89年4月に「オリックス」に商号を変更することが決まっているオリエント・リースに身売りすることが電撃的に発表されたパ・リーグ激動の一日。今日、プロ野球の「10・19」に新たな歴史が刻まれる――。

 ≪超異例のテレビ中継≫ 午後9時から始まったテレビ朝日の中継視聴率は30%を超えた。午後10時にニュースステーションが始まっても中継は継続され、久米宏キャスターは「今夜はお伝えするニュースが山ほどあるんですが…。ここで野球の中継をやめるわけにはいきません」。1秒先も読めない熱いライブ中継に日本中が酔い、パ・リーグ野球の面白さを知ったのだ。平成に年号が変わった翌年はブライアントの4連発で近鉄が劇的優勝。「混パ」「熱パ」と称され、メディアの露出は飛躍的にアップした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月19日のニュース