楽天首位陥落、ソフトBにまた勝てず…先発・岸は5回1/3を6失点で2敗目「普通に打たれた」

[ 2021年4月20日 22:10 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―4楽天 ( 2021年4月20日    北九州 )

<ソ・楽>6回途中で降板した岸(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 楽天が敵地でソフトバンクに敗れ、首位から陥落した。試合前の時点で首位で並んでいた両チームの首位攻防戦。初回に相手失策で幸先よく勝ち越すと、逆転された直後の3回に島内の3号3ランで再び試合をひっくり返した。

 5回までは4―4だったが、先発の岸が6回に2点を失って突き放された。打線は中盤以降、相手の強力リリーフ陣に抑えられた。今季ワーストとなる9安打6失点で2敗目を喫した岸は、降板後に球団を通じて「変なフォアボールは出さなかったんですけどね。普通に打たれました」とコメントした。

 チームは今季、ソフトバンクと4戦で2敗2分けと勝ちなし。石井監督は「ディフェンスが良いチームなので、こういう展開は避けないといけない。4点取っているので、取った得点の中でゲームメークしないといけない」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース