西武・上間、プロ初勝利ならず…序盤3失点も野田コーチ助言で修正「緩急がうまく使えるように」

[ 2021年4月20日 20:22 ]

パ・リーグ   オリックス―西武 ( 2021年4月20日    京セラドーム )

<オ・西>力投する西武の先発・上間(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 プロ2度目の先発となった西武の上間永遠投手(20)は4回8安打3失点。プロ初勝利はまたもお預けとなったが「失点はしてしまいましたが、全体的には自分の投げたいところに投げられましたし、球自体も悪くなかったと思います」と話した。

 初回2死三塁からモヤに適時三塁打を浴びると、味方が逆転した直後の2回にも太田に2点打を浴び「序盤は緩急をうまく使えなかったので、次回以降はその点が課題です。2回を投げ終えたところで野田(バッテリー)コーチから、流れがよくないのでカーブを使うようアドバイスをもらったので、そこから緩急がうまく使えるようになりました」と明かした。4回には先頭の頓宮を見逃し三振に斬るなど、3者凡退。「ようやく自分のピッチングができたかな、と思います」と振り返ったが、この回限りでマウンドを降りた。

 主軸の吉田正には2安打を浴び「吉田(正)選手はきわどいコースに投げてもうまく打ってくるな、というのが感想です。しっかりボールが見えているんだなと思いました。今日は打たれましたが、次は抑えたいです」とリベンジを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース