ロッテ朗希、プロ初被弾など3回2失点 イースタン楽天戦でディクソンに痛打される

[ 2021年4月20日 14:53 ]

ロッテ・佐々木朗(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・佐々木朗希投手が20日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われたイースタン・リーグの楽天戦に先発し、3回2失点で交代した。初回に152キロの直球をディクソンにバックスクリーンへプロ初被弾を浴びるなど、プロ公式戦で初失点を喫した。

 9日の西武戦以来、中10日での登板で、イースタン・リーグでの過去2試合は計5回無失点だった。

 ▼佐々木朗(3回を投げて63球、打者13人、被安打2、1四球、4奪三振、2失点)今日は前回よりも多く球数を投げることができたのが良かったです。また、いろいろなシチュエーションの中で投げることができたのも良かったと思います。次も頑張りたいです。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース