「野球と競泳の二刀流」日大豊山・光永の活動は両部顧問と話し合い管理…全面サポートで大成期待

[ 2021年4月20日 06:10 ]

マスク姿で取材に応じる光永(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 前代未聞の挑戦だ。エンゼルス・大谷が「二刀流」で活躍する中、競泳と野球で大成を目指す高校1年生がいる。日大豊山(東京)の光永翔音(しょうおん、15)だ。野球では小6時にロッテジュニアに選抜された強打の外野手、競泳では4月の日本選手権に出場した逸材だ。

 光永の活動については、日大豊山両部の顧問と光永本人が話し合い月ごとにスケジュールを決めている。

 野球部の福島直也監督はまず、光永の選手としての資質を「高いレベルの選手。強豪が声を掛ける選手。長距離砲の片りんはある」とした。一方、水泳部の竹村知洋監督は「スケールが大きい。短距離選手として優れた能力がある。粗削りだが、鍛えれば日本のトップとして活躍できる」と話した。

 今後の育成についての難しさも存在する。逆三角形の上半身が特徴の競泳選手と太い下半身が特徴の野球選手では体づくりも異なる。竹村監督は「今は水泳と野球の中間。両方やった場合にどうなるのかというところ」。同部から柳本幸之介を東京五輪代表に導いたスペシャリストにとっても未知の世界。福島監督は「野球をやることによる筋肉の付き方のデメリットもある」とも話した。

 両監督とも最初に挑戦を聞いた時には「無理じゃないか」(福島監督)、「さすがに難しいんじゃないか」(竹村監督)と思ったという。だが本人の熱意が上回った。「あとは受け入れる子たちの器量をつくってあげること」という福島監督をはじめ、周囲も光永の挑戦を全面サポートする。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース