阪神・ロハス 2軍合流初練習「優勝に導けたら」 早くも21日に実戦デビューへ

[ 2021年4月20日 15:00 ]

<阪神ロハス・ジュニア入団会見>入団会見でポーズを決めるロハス・ジュニア

 2週間の隔離期間を終えて前日19日に入団会見を行った阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手(30)とラウル・アルカンタラ投手(28)が20日、2軍に合流。鳴尾浜球場で行われたウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦前のチーム練習に初参加した。

 ロハスはアルカンタラとのキャッチボール、ティー打撃の後にはフリー打撃を実施。両打ちの新助っ人は右打席で左翼方向へ柵越え弾を披露するなど、早速昨季の韓国KTで47本塁打、135打点で2冠に輝いた実力の一端をみせた。「外で練習できてすごく楽しかったですし、気分よく練習ができました。後はしっかり準備をして、ベストな状態でいつでも上がれるようにしたいと思います」。

 フリー打撃後には左翼での守備練習にも励むなど合流初日から精力的に汗を流した「Vの使者」は、今後の抱負として「第一は健康でいること、ケガなくシーズンを終えること。そしてチームの勝利に貢献すること。自分が活躍してチームを優勝に導けたらいいなと思います」と頼もしい言葉を残した。状態に問題がなければ、明日21日のソフトバンク戦で早くも実戦デビュー予定だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース