やればできる 4連敗のオリ、今季最多17安打11得点の猛攻で「大脱出」 太田が殊勲打

[ 2021年4月20日 22:00 ]

パ・リーグ   オリックス11ー3西武 ( 2021年4月20日    京セラD )

<オ・西> 2回1死二、三塁、オリックス・太田は中前に逆転の2点適時打を放ち田口コーチ(左)とグータッチ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 オリックスがともに今季最多の17安打、11得点で打ち勝ち、連敗を4でストップした。

 初回2死三塁、右足甲の打撲から復帰し、出場選手登録された4番・モヤの右中間三塁打で先制。その後1―2とされたが、2回1死二、三塁から太田の中前2点打で逆転した。自身初の1試合2打点を記録した太田は「とにかく走者を還すことだけを考えて打席に入っていました。追い込まれていましたし、何とか食らいついていこうと思って打った結果が、いい結果になってくれて良かったです」と振り返った。

 3―3の5回には杉本が勝ち越し打、6回には吉田正が右翼5階席へ特大の3号ソロを放つなど着実に加点。8回に6点を加えて、勝利を決定付けた。

 先発・田嶋は4回8安打3失点と精彩を欠いたが、2番手・竹安以降のリリーフ投手が確実につないでの勝利。投打がかみ合っての連敗脱出だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース