阪神から日本ハムへ移籍の谷川「このトレードで人生を変えたい」

[ 2021年4月20日 12:51 ]

阪神から移籍の日本ハム・谷川は栗山監督とガッチリ握手
Photo By スポニチ

 阪神から移籍した日本ハム・谷川が、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で入団会見を行った。17年のドラフト5位で阪神に入団した28歳の右腕。シーズン途中での移籍に「びっくりしたけど、すぐに気持ちを切り替えた。自分にとってはチャンス。このトレードできっかけをつかんで人生を変えたい」と意気込みを語った。

 谷川は昨季は中継ぎとして自己最多の14試合に登板して防御率5・02。今季はウエスタン・リーグで中継ぎとして8試合で0勝1敗、防御率1・23と安定した投球を見せていた。シュートが武器の谷川について、栗山監督は「チーム状況が苦しい中、打者の懐を攻める投手が必要だった。チームに勢いと魂を吹き込んでほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月20日のニュース