中日・大野雄にそっぽ向く「勝利の女神」 8回無失点でも今季初白星逃す 打線低調で今季4度目ドロー

[ 2021年4月20日 20:23 ]

セ・リーグ   中日0ー0DeNA ( 2021年4月20日    横浜ス )

<D・中>力投も、またも白星に恵まれなかった中日先発の大野雄(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日は打線がエースを援護できず、スコアレスドローで今季4度目の引き分けとなった。

 初回、先頭の大島が右前打で出塁も後続が倒れると、毎回のように走者を出しながら本塁が遠かった。

 7回には連打で無死一、三塁の好機をつくったものの、阿部が遊直に倒れるなど、あと1本が出ず無得点。主砲のビシエドが復帰した効果もなく、得点力不足は相変わらずだった。

 先発・大野雄はDeNA打線を散発3安打に封じる力投。8回無失点ながら、またも今季初白星を手にすることはできなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース