得点力不足のオリックス救う!モヤが右足打撲から戦列復帰

[ 2021年4月20日 16:26 ]

パ・リーグ   オリックス―西武 ( 2021年4月20日    京セラドーム )

7日のロッテ戦の9回1死、自打球に顔をゆがめるモヤ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 オリックス、スティーブン・モヤ内野手(29)が20日、出場選手登録された。今月7日のロッテ戦(ZOZOマリン)で自打球を右足甲に受け、翌8日に千葉県内の病院で「右足背部の打撲」と診断され、登録を抹消されていた。

 同内野手は2軍戦には出場せず、同カ所の状態が良化したため、1軍に合流。試合前練習では打撃、守備練習などを無難にこなした。今季は10試合の出場で打率・289、0本塁打、3打点。得点力不足のチームを救う存在となれるか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月20日のニュース