ヤクルト・田口 出身地の広島で移籍後初勝利「特別な勝ち」

[ 2021年4月20日 21:24 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1広島 ( 2021年4月20日    マツダ )

広島戦に先発したやキルト・田口 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの田口麗斗投手(25)が20日の広島戦で、巨人から移籍後初勝利。「特別な勝ち。(ウイニングボールは)家宝にします」と笑顔を見せた。

 「一番力が出る」という出身地の広島で移籍初勝利をマークした左腕は6回99球を投げ、4安打5奪三振2四球1失点と好投。4回に巨人時代のチームメイトだった長野に適時打を打たれ先制点を許したが後続を抑え、味方の反撃を待った。

 7回に自身の代打・川端が右前適時打を放ち、勝利投手の権利を得ると、ベンチで大喜び。試合後のインタビューでは「頼もしい先輩方がたくさんいる。これからもっともっと勝てるように腕を振りたい」と、さらなるチームへの貢献を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース