オリックス・田嶋 対戦防御率7・13…苦手西武に雪辱だ「違ったイメージを持てるように」

[ 2021年4月20日 05:30 ]

オリックス・田嶋
Photo By スポニチ

 オリックス・田嶋が、20日の西武戦(京セラ)で天敵斬りを誓った。「数字的には良くないので、しっかり克服する。違ったイメージを持てるように」。西武戦は通算7試合で2勝3敗、防御率はパ球団別ワーストの防御率7・13だが、状態自体は悪くない。

 前回13日ソフトバンク戦で今季初勝利を挙げるなど3試合連続クオリティースタート(6回以上、自責3以下)を記録しており、「今年の僕の仕事として最低でも7回以上、1イニングでも長く投げたい」。成長を示す快投で、チームの連敗を止める。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース