猛虎の勢いが止まらない 3回にマルテが2打席連発、大山が2号ソロ 2者連続アーチでリード広げる

[ 2021年4月20日 18:32 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2021年4月20日    東京D )

<巨・神>3回無死一塁、2打席連続となる2点本塁打を放ち、糸原(中央)らとポーズを決める阪神・マルテ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・マルテの勢いが止まらない。初回2死に巨人・サンチェスの初球を左中間に運び、2試合連続の4号ソロで先制点を挙げた助っ人は、続く3回無死一塁でも1ボール2ストライクからサンチェスの149キロを完璧に捉えた。左翼手が一歩も動けない完璧な一発で2打席連続「ラパンパラ」ポーズを決めた。

 「打ったのはストレート。1打席目と同じで良いスイングをすることができたね。何度やってもみんなと一緒にするラパンパラは最高だよ。まだまだできるように頑張るよ」

 さらに大山も続いた。1ボール2ストライクからカットボールを捉えた打球は右翼スタンドを越える2号ソロ。「打ったのはカットボール。みんなが良いバッティングをしていますし、自分もその流れに乗って打つことができました。点差は何点あっても良いので、次も打てるように頑張ります」。打点を挙げれば昨季から18連勝中&19戦不敗の4番の一振りで5点目を挙げ、早々にサンチェスをKOした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月20日のニュース