1軍昇格の阪神・エドワーズ、馬場が意気込み 助っ人右腕は自虐も「僕が来て負けた、と言われないように」

[ 2021年4月20日 17:05 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2021年4月20日    東京D )

阪神・エドワーズ
Photo By スポニチ

 阪神のジョン・エドワーズ投手(33)と馬場皐輔投手(25)が20日、敵地東京ドームで2位巨人との3連戦に臨む1軍に合流し、出場選手登録された。

 エドワーズは2軍公式戦6試合登板で防御率1・50。「1軍で力になるためにファームでしっかり投げ込んできたよ。チームの勝ちにつながるピッチングができるように頑張る。あと、チームはすごく調子がいいけれど、“僕が来たから負けた”と言われないようにしたいね(笑い)」と茶目っ気たっぷりに力を込めた。

 同5試合で防御率1・00と安定した成績を残していた馬場は「しっかりファームで準備してきたので、1軍の戦力としてチームに貢献できるように頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース