7試合連続安打中の阪神・中野 巨人戦初スタメンで「3連勝できるように」

[ 2021年4月20日 05:30 ]

巨人戦に向け、意気込む阪神・中野
Photo By スポニチ

 売り出し中の阪神ルーキー中野が、巨人戦初スタメンへ向けて意気込んだ。

 「チームが非常にいい形で来ているので、このまましっかりとビジターでもいいゲームができるように。巨人に3連勝できるようにやっていきたい」

 存在感は高まりつつある。ここまで出場15試合で、30打数14安打、打率・467。10日のDeNA戦で「8番遊撃」として初スタメンを果たすと、同戦から6試合連続で先発起用されている。前日9日も合わせると出場7試合連続安打をマークしており、5年ぶりの7連勝にもしっかり貢献している。

 「今までと変わらずストライクがきたらどんどん積極的に振っていくスタイルを変えずに、巨人戦もやっていきたい」

 好球必打の精神で、安打を量産してきた。ここまでの全14安打のうち、3球目までに安打したのが8本。特にカウント1―1では5打数4安打3打点と、仕掛けていくことで好結果を呼んでいる。

 対右投手の打率・500(20打数10安打)で、対左も同・400(10打数4安打)と左腕を苦にすることはない。入団時から掲げる目標は「新人王」。悲願達成のためにも、まだまだ打ち続ける。(須田 麻祐子)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース