【スポニチ潜入 大阪発(6)】関西国際大・翁田 虎相手に実力誇示 関西随一の馬力誇る150キロ超剛腕

[ 2021年4月20日 09:00 ]

プロアマ交流戦<阪神2軍・関西国際大>関西国際大の2番手で登板した翁田大勢 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 スポーツニッポン新聞社では、今年も企画「スポニチ潜入」でアマチュア野球の有力選手(高校、大学、社会人)を記事と動画で紹介します。大阪本社では「スポニチ潜入 大阪発」と題し、エリア内の有力選手を紙面、公式サイト「スポニチアネックス」、YouTube公式「スポニチチャンネル」において取り上げます。第6回は関西国際大・翁田大勢投手(21)です。

 ブルペン投球をひと目見ただけで、重い球であることが伝わってくる。翁田は1メートル81、92キロの恵まれた体格にみなぎるパワーをボールに注ぎ込み、相手打者を圧倒する。関西アマ球界随一の剛腕だ。

 「翁田」の名を広く知らしめたのは、20年3月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦(鳴尾浜)だった。1学年上のエース左腕の後を受けて5回からリリーフ登板。4回で2点を失うも、150キロを連発し、17年に20本塁打の中谷将大から空振り三振を奪うなど、プロの打者相手に投球回数以上の5三振を奪って存在感を示した。

 最大の武器は最速152キロ、常時140キロ台後半をたたき出す直球だ。その平均投球回転数は、NPBの平均値2200~2300回転を大きく上回る約2500回転。打者の手元に来ても、球威が衰えない「剛球」だ。西脇工2年夏までは野手としてプレーしており、高校通算14本塁打のパンチ力も誇った。現在も打球速度で最速159キロを計測する馬力がある。今は、その持てる力をすべて投球につぎこみ、捕手のミットにたたきつける。

 高3夏まではオーバースローだったが、高校野球を引退後、サイドスローに転向。さらに大学2年時に投手コーチから指導を受け、スリークオーターへと改良した投球フォームがハマった。それを飛躍のきっかけにドラフト候補に名を連ねる存在へ駆け上がった。キーワードは「7対3」だ。高校時代までは上半身に頼った投球だったが、大学入学後は下半身7割、上半身3割の力配分を心がける。その意識も飛躍を遂げた一つの要因だろう。

 3年秋までの持ち球は直球に加え、球速を変える2種類のスライダー、カウント球に使うフォーク、決め球に使うスプリット。3年秋のリーグ戦終了後のオフからは投球の幅を広げるため、そこにシンカー、チェンジアップを加えるべく習得に取り組んだ。引き出しを増やし、直球の威力を際だたせる狙いだ。

 参考にする投手には自身と同じスリークオーターで大学の先輩にあたるロッテ・益田直也を挙げる。偶然にも「指先でつかむイメージ」の直球の握り方が同じだったため大学の投手コーチから、大学時代の益田の変化球の握りを聞き出し、採り入れることもある。

 3年秋に発症した右肘の違和感も完治し、満を持して臨む大学ラストイヤー。希望進路は「プロ野球の方へ、行きたいと思っています」と照準を定めている。在阪球団スカウトも「粗削りだが、体が大きく馬力もある」と評価する逸材。高3時に指名漏れを味わった悔しさも糧に、再び手を伸ばす。(文、動画撮影=惟任 貴信)

 ◆翁田 大勢(おうた・たいせい)1999年(平11)6月29日、兵庫県多可郡多可町出身。小学は「八千代少年野球クラブ」、中学では「氷上ボーイズ」でプレー。西脇工(兵庫)では2年秋から投手専念。3年夏は県大会5回戦で育英に敗れる。高校通算14本塁打。関西国際大では2年春に公式戦デビュー。50メートル走6秒5、遠投100メートル。1メートル81、92キロ。右投げ右打ち。

 ※関西国際大・翁田選手の動画は「スポニチチャンネル」において配信中です。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年4月20日のニュース