右手親指負傷の阪神・梅野 試合前練習で万全アピール!

[ 2021年4月20日 16:38 ]

1軍に合流したエドワーズは、梅野(左)と話し合う(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 18日のヤクルト5回戦で負傷交代した阪神・梅野隆太郎捕手(29)は、巨人戦の試合前練習を通常通りこなした。

 梅野はヤクルト戦の7回無死一塁で石井大のワンバウンド投球が右手親指付近に当たり、そのまま坂本と交代していた。それでもこの日の試合前練習ではランニングやキャッチボール、走塁練習を精力的にこなし、打撃練習でもライナー性の鋭い打球を飛ばしていた。開幕から全19試合で先発マスクをかぶり、得点圏打率・615と7番打者としても存在感を放っているだけに、離脱とならなかったことが大きな幸いだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月20日のニュース