フェンシング団体女子フルーレ 初戦でアメリカに完敗 5~8位決定戦へ

[ 2021年7月29日 11:37 ]

女子フルーレ団体1回戦 米国選手(右)と対戦する東莉央=幕張メッセ
Photo By 共同

 フェンシング団体の女子フルーレの準々決勝が行われ、世界ランキング5位の日本は同4位のアメリカに36-45で敗れた。

 日本は個人戦でベスト8の上野優佳を筆頭に、東晟良と東莉央の姉妹、19年の全日本選手権覇者の辻すみれの4人で挑んだ。序盤から終始アメリカにリードされる展開。終盤になって東晟良や上野優佳が見せ場をつくったものの、序盤のビハインドが大きく、追いつくには至らなかった。

 この後は5~8位決定戦に回ることとなる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース