恐ろしい強さ、孫穎莎が伊藤美誠を粉砕「伊藤選手のおかげで強くなれた」

[ 2021年7月29日 13:19 ]

東京五輪 卓球 ( 2021年7月29日    東京体育館 )

孫穎莎(AP)
Photo By AP

 女子シングルス準決勝で孫穎莎(そんえいさ、20=中国)が異次元の強さを見せた。同じ2000年生まれの伊藤美誠にストレート勝ち。1ゲーム目は1―2から8連続得点、2ゲーム目は3―9から8連続得点を奪った。

 パワフルなフォアハンドを次々と打ち込んだ。サーブも巧みで、伊藤が得意とするサーブレシーブを封じ込んだ。甘くなった返球を、強打で決める場面が目立った。

 ジュニア時代から対戦する日本のエースについて、「伊藤選手と対戦するのは楽しみ。どんどん強くなっている。そのおかげで私も強くなれる」と余裕の勝利宣言をした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース