藤田 大雨見舞われるもV、初コースで「刻んで安全に」11月全国大会進出

[ 2021年7月29日 05:30 ]

スポニチ主催内閣総理大臣杯第52回日本社会人ゴルフ選手権東北大会 ( 2021年7月28日    宮城県 東蔵王GC=6874ヤード、パー72 )

東北大会を制し、笑顔の藤田
Photo By スポニチ

 ラウンド終盤に強烈な雨に襲われた中、藤田政嗣(42)が3バーディー、3ボギー、イーブンの72でまとめ2位に2打差をつけて優勝を飾った。上位5人、シニアクラスではこの日ベストスコア71をマークした岡野智弘(57)ら2人が11月の全国大会(神奈川・相模原GC)に進出した。

 藤田はスタートの1番パー5で左林の奥に打ち込みながら、第3打をピタリとピンにつけバーディーで波に乗った。初体験のコースも「狭くて難しいので、刻んで安全にいきました」と3Wを抜いてウエッジ3本の作戦もはまった。17番グリーン上で土砂降りの雨に見舞われたが、18番もパーで切り抜けた。都内でIT関連の会社を経営。関東予選から2度全国大会に出場しているが、今年は仲間に誘われ初めて東北で出場し、見事優勝を手にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース