小西、佐藤、松元、池江「ハッピー」混合リレー独特の雰囲気を満喫 各チームの戦略で泳ぐ種目選択

[ 2021年7月29日 21:21 ]

東京五輪第7日 競泳混合メドレーリレー ( 2021年7月29日    東京アクアティクスセンター )

<東京五輪・競泳>混合400メートルメドレーリレー予選、レースを終えて引き揚げる(右から)小西杏奈、佐藤翔馬、池江璃花子、松元克央(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 新採用の混合400メートルメドレーリレー予選で、日本は3分44秒15の全体9位で敗退した。池江璃花子(21=ルネサンス)がアンカーの自由形で出場。最初の背泳ぎを小西杏奈(25=ガスワン)、続く平泳ぎを佐藤翔馬(20=東京SC)、第3泳のバタフライを松元克央(24=セントラルスポーツ)が務めた。この種目は男女2人ずつ泳ぎ、男女をどの種目に起用するかは各チームの戦略に委ねられる。

 女子2人、男子6人の背泳ぎで小西は7番手。全員男子の平泳ぎで佐藤が8位に順位を下げたが、女子6人、男子2人のバタフライで松元が猛烈に追い上げた。全員女子の自由形の池江は7番手で引き継ぎ、最初の50メートルで1人を抜き6位でフィニッシュ。決勝進出ラインには0秒21届かなかったが「皆が雰囲気を盛り上げてくれて、ハッピーな気持ちでレースに臨めた」と笑顔を見せた。レース後に佐藤が愛称カツオの松元に「追いガツオでしたね」と突っ込むなど4人は混合独特の雰囲気を満喫していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース