バド混合複 渡辺、東野組が逆転勝利 日本勢初4強入り

[ 2021年7月29日 05:30 ]

東京五輪第6日 バドミントン混合ダブルス準々決勝   渡辺・東野組2ー1デチャポン・サプシリー組 ( 2021年7月28日    武蔵野の森総合スポーツプラザ )

混合ダブルス準々決勝でタイペアに勝利した渡辺勇大(左)、東野有紗組
Photo By 共同

 渡辺、東野組は第1ゲームを落とし、いきなり窮地に立たされたが第2ゲーム以降はじわじわと点を重ね、逆転。この種目日本勢初の4強入りを決めた。

 メダル確定が懸かる準決勝で、過去1勝9敗と苦戦する中国の強豪、王懿律、黄東萍組が待ち受ける。渡辺は「何でもいいから勝てるゲームをやる」と強い決意をにじませた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース