伊藤美誠、卓球女子初のシングルス銅メダル&複数メダル 卓球女子で同一大会複数メダルは過去に16人

[ 2021年7月29日 21:16 ]

<女子シングルス3位決定戦>第4セット、得点を奪いガッツポーズを見せる伊藤(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 卓球女子シングルス3位決定戦が行われ、混合ダブルス金メダルの伊藤美誠(20=スターツ)が準々決勝で石川佳純(28=全農)を下したモンユ・ユ(31=シンガポール)と対戦し、4―1で銅メダル。伊藤は日本女子初となるシングルスでメダル、複数メダルを獲得した。

 競技が実施された1988年ソウル五輪以降で、卓球の複数種目でメダルを獲得したのは男子14人、女子16人。

 圧倒的な強さを誇る中国以外の国の選手が複数メダルを獲得したのは、男子は1988年ソウルの劉南奎(韓国)、2012年ロンドンのオフチャロフ(ドイツ)、2016年リオの水谷(日本)。女子では1992年バルセロナの玄静和(韓国)、2012年ロンドンのフェン・ティアンウェイ(シンガポール)の合計5人。

 <卓球過去の複数メダリスト>(2004年までダブルス、2008年から団体戦を実施。20202年大会からシングルス、団体、混合ペアの3種目に)

 ▽男子
1988年ソウル
劉南奎(韓国) シングルス金、ダブルス銅

1996年アトランタ
劉国梁(中国) シングルス金、ダブルス金
王涛(中国) シングルス銀、ダブルス銀

2000年シドニー
孔令輝(中国)シングルス金、ダブルス銀
劉国梁(中国) シングルス銅、ダブルス銀

2008年北京
馬琳、王皓、王励勤(以上中国)がシングルスメダル独占、団体金

2012年ロンドン
張継科(中国) シングルス金、団体金
王皓(中国) シングルス銀、団体金
オフチャロフ(ドイツ) シングルス銅、団体銅

2016年リオ
馬龍(中国) シングルス金、団体金
張継科(中国) シングルス銀、団体金
水谷隼(日本) シングルス銅、団体銀

 ▽女子
1988年ソウル
陳静(中国) シングルス金、ダブルス銀
篤志敏(中国) シングルス銅、ダブルス銀

1992年バルセロナ
鄧亞萍(中国) シングルス金、ダブルス
喬紅(中国) シングルス銀、ダブルス金
玄静和(韓国) シングルス銅、ダブルス銅

2000年シドニー
王楠(中国) シングルス金、ダブルス金
李菊(中国) シングルス銀、ダブルス金

2004年アテネ
張怡寧(中国) シングルス金、ダブルス金

2008年北京
郭躍(中国) シングルス金、団体金
王楠(同) シングルス銀、団体金
張怡寧(同) シングルス銅、団体金

2012年ロンドン
李暁霞(中国) シングルス金、団体金
丁寧(同) シングルス銀、団体金
フェン・ティアンウェイ(シンガポール) シングルス銅、団体銅

2016年リオ
丁寧(中国) シングルス金、団体金
李暁霞(中国) シングルス銀、団体金

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース