バド女子単 奥原、山口ともに1次リーグ2連勝 1位で決勝T進出

[ 2021年7月29日 05:30 ]

東京五輪第6日 バドミントン女子シングルス1次リーグ ( 2021年7月28日    武蔵野の森総合スポーツプラザ )

女子シングルス1次リーグでROC選手に勝利した奥原希望
Photo By 共同

 奥原、山口ともに2戦2勝の1位で決勝トーナメント進出を決めた。

 リオ五輪銅メダルの奥原は序盤で苦戦した初戦から一転、快勝。中2日で試合を迎え「少し時間もあって、プレー面でも気持ち面でもすっきり整理して入れた」と納得の表情だった。山口は初戦に続くストレート勝ちだったものの、試合内容には納得していない。「勝てたのは凄く良かったと思うが、ミスが多く、次への課題も多かった」と反省の言葉を並べた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース