萩野 全体5位で準決勝に進出、瀬戸はギリギリ「チャンスありがたい」

[ 2021年7月29日 05:30 ]

東京五輪第6日 競泳 ( 2021年7月28日    東京アクアティクスセンター )

<東京五輪 競泳 男子200メートル個人メドレー準決勝>決勝進出を決めた萩野公介(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子200メートル個人メドレー予選は萩野が全体5位、瀬戸が全体16位で準決勝に進出した。萩野は最終6組で上位陣に食らいつき4位で「無我夢中で泳いだ。余力はないが、タフさには自信があるので明日また頑張りたい」。

 5組5位の瀬戸は予選敗退した400メートル個人メドレー、準決勝敗退した200メートルバタフライに続き伸びを欠いた。入場時に音楽を聴かないなどルーティンを変更。ギリギリで予選を通過し「もう一回泳げるチャンスをもらえてありがたい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース